まったリンガル

語学教師カップルがまったりと言語から広がる世界について綴るプログ

【女性向け】英語を仕事にできるまでにしたこととは?体験談から具体例を公開!

f:id:gufreesen:20211226182412j:plain


英語が好きで今まで勉強を続けてきたけれど、どうやって英語を仕事に活かしたらいいのか、どうすれば英語に関わる仕事ができるようなるのかと、疑問に思ったことはありあせんか?

私も学生の頃から、働き始めてから同じような疑問をずっと抱え続けてきました。

 

この記事では、いち一般OLが、どんなステップでどうやって英語のキャリアを築いてきたかを時系列でお伝えします。

 

ちなみに今現在、私はオンライン英会話講師やTOEICコーチとして英語をメインにして働いています。

 

この記事を読むことで、「英語が好きでいつか英語で仕事をしたい!」と思っている方が、どのように仕事に繋げていくかが分かるようになります。

 

【女性向け】英語を仕事にできるまでにしたこととは??

大学卒業後、すぐに英語を使って仕事をしていたの??

f:id:gufreesen:20211226171624j:plain

就活生時代、もちろん英語を使える仕事を目指して活動をしていましたが、残念ながら希望は叶いませんでした。最終的には会社の事務として正社員入社をしました。その時はなんとなく「社会で英語を使うにはかなりハードルが高いんだ、、、。」と悲しく感じたことを覚えています。

 

当時面接で言われたことは、英語を専門にするなら「英語力が乏しい」、英語を少し使うなら「ここまでの英語力は必要ない」と。

ですが当時を振り返ると、きっと自分の軸がきっちりとわからないままに就活をしていたなと思います。

なので初めは英語を全く使わない仕事から社会人スタートでした。

 

第一歩、周りの人に「英語が少しできます。」とさりげなく言いまくる

業界的にも英語を使わないお仕事でしたが、先輩や同僚と話す中で「英語が好き(当時は控えめに)」、「ちょっと英語話せます」、「海外旅行よくいきます」、など、たわいもない会話から、自己アピールをじわじわとしていました。

 

すると面白いことに、海外から電話が会社にかかってきました。

「英語!?とりあえず電話出て!」ということになり、アメリカからの電話に出ました。残念ながらビジネスにつながる電話では結局なかったですが、電話に出たことで周りから「本当に英語が喋れるんだ!!」という目線がつきましたよ。

とりあえず言ってみる、やってみるって大切だと感じました。

 

海外からの引き合いメール

f:id:gufreesen:20211226171313j:plain

働いていた会社が商品の製造と販売をしていたこともあり、ある日海外から問い合わせのメールが来ました。

英語のサイトがあるわけでもありませんでしたが、意外にも外国からの問い合わせってあるんですよね。うん、海外の方のリサーチ力に行動力は本当にすごいですね。

 

HPに載ってる商品売って欲しいという問い合わせでした。会社の人もよくわからないから返事しておいてとのこと。「断るのかな??」と思いきや、どんどん話が進むことに。

商品のオリジナル対応が可能だったので、商品決定までのリクエストや英語の請求書、お金のやり取りなど、何も経験がないことばかりでとても大変でした。ですが知らないことを調べて英語で形になった経験を身につけることができ、大きな自信になりました。

 

インバウンドのビックウェーブ

f:id:gufreesen:20211226171318j:plain

ちょうど5、6年前くらい前にじわじわと外国人の観光客が増えてき、インバウンドビックウェーブが到来しましたね!

そのときに今までずっと事務職で働いてきましたが、小売店舗へ移動することになりました。急な移動でびっくりしましたが、事務職から一転、販売員へ!

その移動から、日本人のお客さまの接客と共に、インバウンド観光客のお客さまに英語を使って販売する流れになりました。

そして、商品販売のため中国、台湾、香港での海外出張にもつながって行きました。目まぐるしく忙しい日々でしたが、日々どんなふうに英語で説明するのがいいかを考えたり、資料を翻訳したり、仕事以外の時間でも英語に向き合いながら過ごしていた日々でした。

 

インバウンドの逆ビックウェーブ

そうこうしているうちに、みなさんご存知通り「コロナウィルスの流行」が始まりました!!いや、天地逆転です(笑)

本当に笑ってられませんでした!一言で言うと会社を去ることに、、、(笑)

運良く事務系の仕事につきましたが、手に職が必要だと思い、好きな英語をしてみたいという思いがじわじわと込み上げてきました。

 

殻を抜け出してダメもとで応募(その時点でできるかもという今のレベルプラス1をチャレンジ)

今まで英語で仕事をするというと私のイメージでは「翻訳、通訳、外資系企業でバリバリ」というイメージがありました。ですがコロナ禍でオンラインが当たり前になってきたこともあり、今は英語を使ういろいろな求人が実際には色々あります。

教えた経験なんてゼロ。でも私の中で自信のあるTOEIC攻略を持っていたので、TOEICのコーチの求人を目にした時、これなら私にも出来るかも?と思い求人に応募してみました。(英語の仕事の求人の場合、TOEICの○点以上という、スコア設定されている場合が多いです。)

先ずは書類をお送りくださいということだったので、履歴書と職務経歴書を送ってみましてた。すると数週間後オンライン面接の案内がメールできました。ここが私の英語で仕事をする始まりです。お仕事形態も委託なども多いので、今の仕事をしながら副業として始めることも可能だと思います。

 

このようなきっかけから、今現在はTOIECコーチ、オンライン英会話講師をメインに働いています。そして時々英語の事務作業依頼もいただきながら、実践的なお仕事もさせていただいています。

 

まとめ

初めはとても小さなステップからの始まりでした。目の前にパッとみてわかる「英語の仕事」がなくても、まずは自分の尺度で周りの人が役立つことをみつけてみてください。

今の時代、英語を使う仕事も多種多様です。その時点で自分ができるかもという、「今のレベルプラス1」に挑戦してくださいね。小さく見えても大きな1歩の始まりです。

語学を専門にするお仕事は、日々成長するための努力が必ず必要となってきます。でも好きだから少し大変なことがあっても踏ん張れちゃいますよ。

 

そうはいっても「好きだからこそ一歩が踏み出せない、、、」「私にそんなことできない、、、」と思われている方がいらっしゃるとすれば、小さなトライからで大丈夫です。

「一歩踏み出さない」、と「一歩踏み出す」では大きく変わってくると思います。少しでも自分の好きな「英語」を仕事にしたいと思われている方の参考になれば幸いです^^

 

「英語を仕事にしたい!」と思われているのであれば、日々の行動プラス、必ず問われる英語レベルの判断基準「TOEIC」のスコアアップからコツコツ準備を初めてくださいね〜!